TRON BullはPoint Lobos通り沿いの静かな公園のベンチに座り、これからの散歩と会話を楽しみにしていた。サットロ・ハイツ・パークは、彼のお気に入りの場所の一つだった。新しい友人のニールは、トーテムポールのそばで待ち合わせをして、歩きながら話をすることに同意した。 1992年、ニールがある小説の中で書いた言葉が、ある世代の技術者に影響を与えた。TRON Bullは最近この本を読み、この言葉についてもっと知りたいと思っていた。

メタバース

それから30年、ニールは今、ブロックチェーンを使った暗号化商法のメタバース体験の実現に注力するスタートアップに携わっている。TRON Bullがいくつか質問した、彼の好奇心は尽きることがない。

「やあ、TRON Bull」と、ニールは優しく声をかけた。夕焼けの静けさが、そんな神聖さを求めていたのです。空の色がモネのキャンバスのように鮮やかに混ざり合い、上から柔らかい波が降り注いでいた。

「やあ、ニール。やっと会えたね」ニールの挨拶ほど柔らかくない口調で、TRON Bullは興奮して言った。彼らは今日までメタバースの中でしか会ったことがなかったのだ。「直接お話ができる機会をずっと待っていました。この公園とこの時間帯を提案してくれてありがとう!」

「うん、きれいだね」ニールは一息ついて、景色を眺めた。「さて、二人ともConverse-ation shoesを履いたから、行こう。」

TRON Bullは、ダジャレが大好きだ。彼はくすくす笑った後、「メタバースとは何か、わかったような気がする。でも、何かが欠けているのではないかと心配しているから、あなたの考えを知りたいです。」と言った。

「インターネットが一つで、人々がそれにアクセスする方法がたくさんあるのと同じように、メタバースも一つで、たくさんのメタバース体験があるという考え方です」とニールは話し始めた。「バーチャルリアリティだけではありません。デジタルな創造と物理的な現実が混ざり合い、人生を共に体験できる新しい方法なのです。それは、まったく新しい存在でありながら、私たちが知っている世界と微妙に融合した領域です。私たちはそこで社交し、買い物をし、学校に行き、遊び、休息することさえできるのです。しかし、クレイジーに聞こえるかもしれませんが、私たちは物理的な世界と関わりを持つことができるのです。ただ、デジタルの世界も目に見えるものになるのです。」

「へえー。バランスを崩すような閉じたヘッドセットだけでいいのか?」 TRON Bullは、VRゲームのスキー場の下り坂でワイプアウトして、コーヒーテーブルの上に倒れたことを思い出した。

「しかし、それはメタバースを現実に取り込むアイウェアと融合したものになるでしょう。Equator Coffeeで私と一緒に座って、軽量のスマートグラスをかけるところを想像してみてください。ただし、あなたは物理的にそこにいて、私はデジタル的にそこにいるのです。空間コンピューティングと拡張現実のようなものです。」

「どこの会社が儲かるんだ!?」TRON Bullは商品ラインナップを想像していた。

「多くの未来学者がメタバースはオープンで分散型であるべきだと考えています。一社に集中したり、一団体に支配されたりしない。私もそう思います。それは、私たちが一緒に美しく人生を生き、経験や経済を共有する領域であるべきです。レイヤー1のブロックチェーンのようなもので、その上で指数関数的な発展が可能で、すべての体験はユニークでありながら相互運用可能であるべきです。」

TRON Bullはこれに疑問を感じていた。「でも、ちょっと夢見がちでナイーブな話だと思いませんか?つまり、メタバースの生活には、どんなマイナス面があるのでしょうか?」

「もちろん、長所と短所があります。短所としては、サイバー犯罪や人身売買が増加する可能性があり、管轄が不明確で規制監督もはっきりしないため、取り締まりが難しくなります。新しい土地を発見するように、この新しい領域を安全に保つ方法を知るには、整理するのに時間がかかるでしょう。その上、メタバースの文化や生活様式に、私たちの多様性をすべてマッシュアップすることを想像してみてください。もし、私たちの美しい多様性が失われたら?それは悲劇的なことです。さらに、視覚的な没入感と脳への影響から、精神的な健康を損なう可能性など、明らかな依存症の問題が発生する可能性があります。また、節度のない使用により、身体と世界のつながりが失われる可能性もあります。すでに「バーチャルいじめ」と呼ばれるものが増えている。そして最後に、ネットワークの制限やエネルギー需要の増加もあり、そのエネルギーはどこから来るのかという問題にも答えが必要です。」

TRON Bullは歩みを止めた。「製薬会社のCMを見たことがありますか?すごい新薬を売り込んでいるんだけど、その薬の研究開発で記録された副作用の可能性に言及することが要求されているやつ?この薬はあなたの人生を変えますが、視力を失ったり、小指の下にカビが生えたり、食道が潰れて飲み込めなくなる可能性もありますよ」そう言ってるようにしか聞こえないんだけど!?これは素晴らしいことだ、そうでないときを除けばな!」。

ニールは苦笑した。「そうですね。短所を挙げれば、間違いなく最悪のシナリオになる。でも、長所はどうなんだ?」

「聞いてみましょう」TRON Bullは再び歩き出しながら言った。

「長所はたくさんありますが、それを評価するかどうかは、その人の技術的な視点によりますね。私としては、長所が短所を上回ると考えています。デジタルで世界をつなぐと、物理的な距離がなくなり、没入感のある体験ができる。物理的な距離もあれば、デジタルな距離もあり、対面での関わりもあります。その多くがバーチャルになったとしても、社会的な交流は非常に個人的なものであることに変わりはありません。メタバースのインターネットがどれだけの新しいビジネスチャンスを提供するか考えてみてください。デジタルマーケットプレイスに移行すれば、ショッピングや広告の方法、さらには小売スペースの使い方さえも変わるでしょう。オンライン学習が改善されるだけでなく、教育へのアクセスも向上するでしょう。暗号通貨が商業に統合されれば、銀行を持たない社会もグローバル経済に参加できるようになる。ゲーマーにとっては、デジタル資産が広大なメタバースで利用できるようになれば、相互運用性が高まり、付加価値も高まる。メタバースの不動産など、新たな投資機会も生まれるでしょう。また、今までのようなオンラインミーティングツールを使わずに、部屋に集まって、お互いのユニークなアバターと対面して、共有体験ができるとしたらどうでしょう。それは、ビジネスのインタラクションのあり方のダイナミックさとトーンを変えるでしょう。プレゼンテーションは作るだけでなく、体験するものになるのです。」

「なるほど 」と、TRONBullはニールが述べていることを想像していた。「あなたの言う通り、この手のものに価値を見出す人は強気になり、そうでない人は弱気になるでしょうが。私は個人的に強気であることを好みます。」

「それはいいことだ 」とニールは微笑んだ。「今、ゲームに参加して、自分たちのツールやサービスをこの新しいメタバースという存在に統合しようとするブロックチェーンは、待つ人たちよりも優位に立つことができるだろう。TRONは、メタバースでの商取引や交流のあり方に一石を投じることができる。例えば、ドミニカでの物理的な体験が、メタバースを活用して、そこに住む人々や訪れる人々と関わることで、どのようにマーケティングされ、さらに強化されるか、想像してください。あなたは音楽がとても好きですよね。音楽を聴くだけでなく、どうすればもっと楽しめるか、想像してみてください。他のファンと一緒にTRONベースの音楽NFTで音楽に没頭し、アーティストとより深く関わることができるかもしれないのです。これは2つのユースケースですが、他にもたくさんあります。何か特別なものになるかもしれませんよ!」

「いろいろ考えさせられたよ!”TRON DAOチームに戻って議論しなければならないことがまだたくさんあります」TRONBullは、学んだことを誰に伝えようかと、すでに頭の中で考えています。

「まだまだ先は長いし、開発しなければならないこともたくさんあります。しかし、ブロックチェーン技術には分散型金融が必要であり、DeFiにはブロックチェーン技術が必要だということです」とニールは断言した。「それからね! オーシャンビーチカフェを試したことはある? 数ブロック先で、歩いて行ける距離だよ。急げば、閉店前に食事ができるかもしれない。」

「歩いて、話して、考えて、想像していたら、おなかがすいてきたわ!」

TRONBullは、新しい友人に感謝した。そして、メタバースでの冒険がBOOMであろうとBUSTであろうと、今よりもっとメタバースを探検したいと思った。

--

--

TRONBullがドミニカから、戻って1週間が過ぎた。サンフランシスコのロフトにあるダイニンエリアのテーブルに座り、甘いバルサミコをかけて焼いたミックスベジタブルを塩で味付けしているところだった。職場の友人であるフェロズとアグスティンは、午後8時にデザートと地元の即興コメディを楽しむために彼と待ち合わせていた。TRONBullはドミニカの夕日を眺めていたら、時間が経つのを忘れてしまった。ふとした瞬間にスマートウォッチに目をやると、「7:59」と表示されていた。

「遅刻しそうだ!」

コメディークラブは歩いて15分だった。10分も走れば着くかもしれない。フェローズとアグスティンは先にテーブルを予約した。TRON Bullは、文字通り遅刻しそうだとメールしてきた。息を切らしながら、ようやく入り口にたどり着いた。

「8時9分。すごい時間だ!」

彼のスマートウォッチには、APENFT.ioのTRON Bull NFTが背景として表示されていた。そこでTRON Bullは、NFTについて疑問に思っていたことを思い出した。

「フェローズとアグスティン以外に聞ける人はいない」とTRON Bullは思った。

デザートを3つ注文し、3人は椅子に座り、大きく息を吐いた。

アグスティンは、「今週は長かったな」と言った。

フェローズもと同意してくれました。「2022年トロン大ハッカソンのシーズン3に向けて、みんなで調整したり、電話したり、連絡を取り合ったりしていました。」

「トロン大ハッカソンはとても楽しい」とTRON Bullは宣言していた。「好きなトラックは?」

「NFTです。」と、フェロズは迷うことなく答えた。

「そうなんですか?私もそうです」とアグスティンも感心した。

「面白いね。ここに来る途中、NFTについてお二人に聞いてみたいことがあったのを思い出したんです。」TRON Bullは、仲間に声をかけた。

「ぜひ!」アグスティンは興味津々。

「まず、NFTの起源は何ですか?」

「それについては議論がある」とフェローズは話し始めた。「2012年にカラーコインプロジェクトが、ブロックチェーン上で物理的な資産を表現する方法を提案したんだ。つまり、技術的にはNFTのようなシステムを実装し、その後2年間かけて構築されたのです。」

「そうですね、そしてクォンタムが起こりました」とアグスティンは話を続けた。「2014年5月2日、アメリカのアーティストKevin McCoyがNamecoinブロックチェーン上で「Quantum」とい非代替トークンを鋳造した。寸法は1×1ピクセルで、可能な限り小さな画像になりました。」

「なるほど」と思ったTRONBullは話に夢中になった。

「次はCryptoKittiesでした 。」とフェロズは付け加えました。「2017年、ブロックチェーンゲーム「CryptoKitties」がEthereumネットワーク上でローンチされた。このゲームはすぐにセンセーションを巻き起こし、プレイヤーは非代替トークン (NFT)としてブロックチェーン上に保存されたデジタル猫に何百万ドルも費やした。CryptoKittiesの成功は、NFTの可能性を世界に示したのです。」

「それから、Bored Ape Yacht Clubは、これまでで最大のNFTプロジェクトとなっていた。」

3人はこの声に気づき、振り返るとH.E. Justin Sunの姿があった。

「H・E!!!」TRONブルは目まいがした。

「一緒にどうでしょうか?NFTについてTRONBullの質問に答えていたところなんです」とフェロズが説明した。

「もちろん!後で他の人にも会うつもりだけど、まだ早いんだ。ちょっとだけ一緒に話しましょうね」。ジャスティンは、テーブルの4番目の椅子に座った。「Bored Ape Yacht Club の運営会社であるYuga Labsは、2018年に設立された。2021年にBAYCを立ち上げ、現在では100万人以上のユーザーがおり、取引量は676,000ETHを超えてます。これは約10億米ドルです。」

「なんですと!?1 つの NFT がそれほど価値のあるものになるのはなぜでしょうか?」 TRONBull はかなり混乱していた。

「いい質問だ」とアグスティンは言った。「Rizzleは、暗号通貨と非通貨の領域におけるOGの一つであり、多くのプロジェクトが、より広い非通貨の領域から独立して機能する、独自のマイクロエコシステムになる可能性を持っているのを聞いたことがあります。Rizzleは、暗号の価格は常に上下するが、最も価値のあるプロジェクトは、順番に構築されているものを気にし続ける持続可能なコミュニティを構築するものであることを教えてくれた。」

「そうだ 」とフェロズは続けた。「NFTは様々な点で有用であり、その有用性、少なくとも認識された有用性が価値を生むのです。例えば、Bored ApeのNFTを持っている人は、ある種の専用クラブにアクセスすることができます。特別な招待状やクールなグッズがもらえます。メジャーなブランドや製品との共同ブランディングの機会も得られます。中には、一緒に音楽グループを作った人もいます。全体として、Bored Apeのホルダーには、投資に対して大きなリターンを得ています。

「確かに、NFT は限定クラブへのアクセスを提供する単なるデジタルエイプアートではありません」とジャスティンが補足した。「Bored ApesとCryptoPunksのプロジェクトにより、NFTが主流となった。それ以来、彼らの進化は急速な発展モードに入っています。現在のNFTは、William Entrikenによって定義されたものである。2018年、彼はNFTトークンの一種であるERC-721と呼ばれるもののリードオーサーとなった。彼は、NFTはデジタル資産や物理的資産、例えば家、ユニークなアート作品、バーチャルな収集品、またローンのような「負の価値資産」に対する所有権を表すことができると書いています。ちなみに、彼は今シーズンのハッカソンで審査員を務めています!かっこいいですね。さて、NFTトークンのスマートコントラクトには、あらゆるタイプがあります。要するに、NFT にはあらゆる業界を混乱させる可能性があるということです。」

「NFTに対する現在の市場心理からすると、信じがたい話かもしれませんね」アグスティンが振り向いた。

「私もそう思っていました」とTRON Bullは首を傾げた。

アグスティンは、「確かに市場は下がっている。しかし、ここ2週間ほどは持ち直している。これまでNFTといえば、デジタルアートワーク、ゲーム内アイテム、音楽、グッズ、アバター、ID、ソーシャルクラブメンバーシップ、チケット、リワードソリューションくらいしかなかった。NFT技術の利用方法については、まだ氷山の一角にすら達していないと思います。」と説明した。

「これ以上ないほど同意します。バーチャルアート、ゲームやメタバースのアセット、プロフィール写真など、これからもNFTは活躍していくでしょう」とフェロズは断言した。

「そうですね。しかし、その技術や潜在的な有用性は、それ以上のものです。」「将来的には、NFTは、資格の取得、市民サービスの支払い、不動産の購入、法的文書の処理、科学研究の資金調達、音楽の視聴、映画の制作、医師の予約、健康記録の保存、履歴書の作成などの方法を変えるでしょう」とジャスティンは説明した。

「すごい!全く知りませんでした」と、TRONBullの頭はクラクラしてきた。お腹もゴロゴロ鳴っていた。

最後にジャスティンは、「そういえば、ここのデザートとインプロはすごいらしいよ!」と言った。デザートは今、到着しているところだ。

「お会いできて光栄です」と3人は声を揃えた。

TRON Bullは、フェロズとアグスティンにNFTの歴史や価値、バリエーションについて教えてもらったことに感謝した。そして、3人は最後に即興のコメディーを見て笑ったことを思い出しながら、デザートを楽しんだ。

--

--

技術的な進捗状況
11.14–11.20|TronLink APP Android v4.10.2、テスト中。主な内容:アドレス表示の最適化。
11.14–11.20|TronLink APP IOS v4.10.2、テスト中。4.11.0、開発中、主な内容は DeepLink のサポートといくつかの使用方法の詳細の最適化。
11.14–11.20| TronLink Firefox Plugin V1.5.5 & Chrome Plugin V3.26.13、リリース済。この2つのバージョンの主な内容:アドレス表示の最適化。

運用の進捗状況
11.7–11.13|コミュニティからの質問の収集と回答
11.7–11.13|アプリの新しいバージョンの普及と宣伝
11.7–11.13|メディアプラットフォームの日常メンテナンスとプロモーション

コミュニティの概要
英語コミュニティ:18254
ツイッターのフォロワー:93181

--

--

製品の開発
11.14–11.20|TRONSCANの新しい広告枠を公開しました。

運用の更新
11.14–11.20|TRONアカウント数が1億2,300万を超えました
11.14–11.20|サービスのアップグレードのお知らせを発表
11.14–11.20|コミュニティからの質問を集め、回答
11.14–11.20|164個のトークンの入力
11.14–11.20|Twitterフォロワー:43964

--

--

多くの人にとって、収益性の高いDeFi プロトコル、ほとんど失敗するのではないかという不安を常にかき立てる。しかし、APYが永遠に高くなるわけではありません。より多くのユーザーがAPYに殺到すれば、すべての熱狂はいずれ収束する。一方、高い報酬には、ラグプル、一時的な損失、コントラクトの抜け道など、(常にではないにしても)高いリスクが伴うのが普通である。今日のTRON101は、DeFiマイニングのリスクについて解説します。

ラグプル
ラグプルとは、暗号の世界ではよく知られた専門用語で、プロジェクトチームが人々を暗号通貨プロジェクトに誘い込み、その後突然プロジェクトを放棄する詐欺行為を指し、特にDeFiプロジェクトでよく見られる詐欺行為です。 時には、開発者が誤ってDEXの流動性プールから撤退し、すべての資金を持って行ってしまうことがあります。

ラグプルとは、無実の投資家がラグの上に立ち、開発チームが何の前触れもなくラグを引き抜くことを意味する。つまずいた投資家は、大きな損失を被ることになる。

ラグプルは通常、新しいプロジェクトで発生し、不正な開発者が新しいトークンといくつかのステーブルコインを流動性プールに注入し、マーケティングによって新しいトークンの価格を押し上げます。多くのユーザーが暗号通貨を新しいトークンに変換すると、チームは全供給量を売り払い、トークン価格をゼロにし、大きな利益を得ます。

DeFiでラグプルが多発する理由の1つは、ブロックチェーン上で新しいトークンを作るのが非常に安価であることです。さらに、DEXにはcexのような監査機構がないため、監査されていないトークンが多く市場に湧き出しています。 そのため、投資を決定する前に、プロジェクトの背後にいるチーム、歴史、使用事例をDYOR(自分で調べる)することが重要です。

一時的な損失
あるプールに流動性を与え、リターンを期待したが、結局は資金を失うだけだった、そんな経験をしたDeFiプレーヤーは多いはずだ。これがいわゆる「無常の損失」である。

このような損失は永久的なものではないことを示唆しているため、「無常的損失」という言葉は誤解を招きやすい。市場の変動に起因するものなので、価格の上昇・下降に関係なく発生し、価格が当初の水準に戻ったときに初めて解消されるのが「無常損失」です。しかし、現実の世界ではそのようなシナリオは非常に稀であるため、無常的な損失が永久的な損失となることが多い。

暗号通貨は価格変動が激しいため、無常的な損失は事実上避けられないのです。したがって、ユーザーはメジャーなトークンやボラティリティの低いトークンを扱う流動性プールに注目し、一時的な損失が最小限、あるいはゼロであることが多いステーブルコインの取引ペアを持つプールを選択する必要があります。例えば、SUN.ioのスマートマイニングプールUSDD-USDT LP(柔軟および固定条件)は、最大39.66%のAPYを提供しています。もちろん、単一通貨プールでのマイニングを選択することで、一時的な損失を回避することも可能です。

スマートコントラクトの抜け穴
時にはハッカーがコントラクトの抜け穴を突いてDeFiマイニングプロジェクトを完全にコントロールし、流動性プールの全資産を略奪することもあります。そのようなリスクを回避するためには、信用できるチームがいるプロジェクトを選び、スマートコントラクトが完全に監査されていることを確認する必要があります。しかしそれでも、そうしたリスクを完全に排除することはできない。

BeosinとFootprint Analyticsのデータによると、2022年上半期にDeFiコントラクトの抜け穴を狙った攻撃が33件あり、Solanaが1位で、合計3億7400万ドルの損失を被ったことが分かっている。イーサリアムは9358万ドル、BNBは9093万ドルの損失を被った。そのため、TRONのような安全で信頼できる取引プラットフォームを選択することが肝要です。

--

--

--

--

技術的な進捗状況
11.7–11.13|TronLink APP Android 4.10.2 、開発中。
11.7–11.13|TronLink APP IOS 4.10.1は11月5日よりApp Storeでリリース済。4.10.2、現在開発中。
11.7–11.13|TronLink 4.10.0 主な内容:既知の問題の修正。4.10.2 の主な内容:アドレス表示の最適化。

運用の進捗状況
11.7–11.13|コミュニティからの質問の収集と回答
11.7–11.13|アプリの新しいバージョンの普及と宣伝
11.7–11.13|メディアプラットフォームの日常メンテナンスとプロモーション

コミュニティの概要
英語コミュニティ: 18254
ツイッターのフォロワー:93181

--

--

製品の開発
11.7–11.13|TRONSCAN「トークン/アカウント/コントラクト」新規投稿タグ機能、リリース済。

運用の更新
11.7–11.13|TRONアカウント数が1億2000万を超えました
11.7–11.13|サービスのアップグレードのお知らせを発表
11.7–11.13|コミュニティからの質問を集め、回答
11.7–11.13|125個のトークンの入力
11.7–11.13|Twitterフォロワー:43988

--

--

--

--

TRON DAO Japan

TRON DAO Japan

84 Followers

TRON is a blockchain-based open source global digital entertainment protocol.